Life with FORESTER

慣らし運転をしよう

a0141808_2334483.jpg




これまでのクルマは、左に速度計、右に回転計
中心に燃料計と水温計の組み合わせのメーターだった

新しい相棒は、左に燃料計と水温計、中心に速度計
イチバン右側に回転計のメーターの三連メーター



慣らし運転中だから、今はまだレブリミット付近まで
エンジンの回転数を上げていないけど、乗車してエンジンをかける際
すべての指針が振り切れるほど回る仕掛けは、なかなか面白い
この演出のおかげで、ドライヴァーズシートに座るのがとても楽しい

ちなみに・・・慣らし運転中の現在、1000km弱を走行
エンジンの回転数は2500回転から3000回転までを目安にしている
今後2000kmまでを3000〜4000回転まで
3000kmを超えたあたりで5000回転超えに移行するつもりだ

“ひと昔前”のクルマと違い、工作精度が高く耐久性のある現代のエンジンは
慣らし運転は不要とも言われているけど
ボクの場合は、エンジンの“慣らし”だけではなく
ドライヴァーの“慣らし”運転としての意味が有るように思う。

なにせ、つい最近まで“ひと昔前”のクルマに12年も乗っていたのだから。


[PR]
by foresterry | 2009-12-23 23:09 | Car magazine